So-net無料ブログ作成

無明−4 [無明]

 公案は、大疑団を起こして通常の脳のクセを修正するためにあります。普段の日常生活でお決まりのプログラムでお決まりの答えを出していてはいつまで経っても陳腐なプログラムに従って一生を終えてしまいます。

 固定観念でガチガチに凝り固まった、脳の思考回路ではプログラム通りの答えが自然に出てきてしまいます。  脳にショックを与えなければ「自己正当化」「自己保身」の為に従順に働く脳のままです。

 食って、排出して、手足を動かして、寝て、起きて、たまに美味しものを食べて、旅行に行って絶景を見て、ちょっとした体験をして、いつも何かの思いに振り回され続けて、病気や老化に気をやみ、死を恐れて、悩みごとに追いかけられていくだけの人生で一生を終えてしまいます。人生には何かあるはずだ、何かを掴みたい、人生の意味や価値を理解したいと思いながらも何も出来ずにいる日々です。

 ある境地に到達するとか、何者かに成るとか、何かを掴んで理解するとか、何かを得るのであれば、間違った道を進んでいることになります。

 脱皮して別人になるのでしょうか。どのタイミングで境地に移行するのでしょうか。どんなことを掴むというのでしょうか。どんなものを得るというのでしょうか。

 赤子の時には心が開かれていましたが、物心がつくころから「言葉」を覚え、「時間」という概念を持ち、あらゆるものが「対象」として認識されるものだとしてきました。

 開かれていた心が、教育や生活環境や信条や観念によって壁になり「本来の自己」が隠されることになりました。

----

「富士山を荒縄で縛ってもってきなさい」「千尋の底の一つの石を、我が身を濡らさずにもってきなさい」

 誰もが知っている日本で一番有名で高い山である富士山。富士山を知り得たり、登頂(=達成)すれば何者かになる。縄(=自身の知識)で縛れば(=掴まえれば)理解したことになる。頭の中で概念でしかない「富士山」「荒縄」「縛る」「持ってくる」などの言葉を使っても実現することなど出来ません。

 脳のクセ:実体のない概念である「言葉」を組み合わせて、縛ることなどできない「富士山」をしばることができとイメージできる。絵を描けるということはイメージできたということです。持っていくにはどうすればいいかも頭で考えることが出来ます。出来もしないし、ありえない縄を作り出してしまいます。ここまでくれば呆れるしかないのですが、頭は何の疑いもなく考え続けます。クセであり、馬鹿馬鹿しいことに気づかなければなりません。

 どんなに考えても富士山を持ってくることは無理です。しかし、頭では実体のない妄想を取り扱っています。頭の中では何でもできるという前提で概念と言葉を使って考えています。この考えるということが、通常の生活では当たり前のことですが実は人間だけができる妄想だということに気づかなければなりません。

 あらゆるものには最初から「言葉」は割り振られていません。区別・差別のない一つであった世界に対して、ちっぽけな「ワタシ(=実体のない頭の中で作り上げた創造物)」が徐々に構築されていき、自己保身のために「他」を知らなければなりませんでした。「知る」ためには概念化してある定義にそった「言葉」を付けて区別・差別しなければなりません。

 頭の中で実体のない妄想をしていたということです。今、眼の前の事をないがしろにして、日々妄想にふけっている自身の愚かさに気づき「笑う」ことでしょう。「言葉」の世界を一旦離れて、あるがままをそのままに観る力をつける。「答えが出ない、理解できない」それでも見えているし、聞こえています。普段の生活に何ら支障はありません。かえって、何かを掴んでいるほうが厄介です。思考を消すことなど出来ません、ただ「思考しているな」とスルーしておけば自然と消え去ります。

 消え去っても何にも困ることはありません。幼稚園、小学生、中学生、高校生の悩みは何処にあるのでしょうか?全てが無常であり、消え去ることになっています。10分後に◯◯を考えようとか、〇〇を考え続けようということも出来ません。10分後に雨が降ってきたら雨に注意が向けられます。10分後に宅急便が届いたら対処しなければなりません。10分後に背中が痒くなったら背中に意識が向かいます。思考は自分で自由にできるものではなく、縁によって変化するいということです。

 あらゆることは縁によって生じ、あらゆることは消え去る。 「千尋の底の一つの石(=手の届かないところにある、たった一つの真理)を、我が身を濡らさず(=苦労せずに、他の概念をつけづにそのまま)にもってきなさい(=手に入れなさい、掴みなさい)」


<注:勝手な個人的な見解の部分がありますので、鵜呑みにせずに仏道修行による智慧によって確証することをお願いいたします。 引用もしくは酷似表現の場合は、タイトル及びアドレスの明記をお願いいたします。

nice!(2) 
共通テーマ:学問