So-net無料ブログ作成

イマジンー3 [イマジン]

Imagine no possessions I wonder if you can

No need for greed or hunger

A brotherhood of man Imagine all the people Sharing all the world

You may say I'm a dreamer

But I'm not the only one

I hope someday you'll join us And the world will live as one

財産(=所有物)がないと想像してみて

想像できるだろうか

飢えることもなく欲張る必要もない 人は友愛でつながっている

想像してみて 誰もが世界を分かち合っていることを

夢想家と言うかも知れない

僕は一人じゃない

あなたも一緒になれば きっと世界は一つになるよ

-----

 何も所有していないとは、私有財産を否定することであり民主主義を否定するものです。自由経済のもとで自由に経済活動を行えば経済的に恵まれた人と恵まれない人に分かれるのは自明のことです。平等は偏りや差別がないということですが、人間社会ではヒエラルキーが厳然たる事実です。もともとは平等を目指す宗教が一番の支配構造(=不平等)であった。ヒエラルキーの語源は宗教界が「階層的な」組織を持っていたことに起源があるようです。精神性にどのように階層をつけるのか、教理の理解度なのかよくわかりません。


 人間の感覚(=インプット)に差があるでしょうか。人間の処理能力(=分別)と行為(=アウトプット)に差が出て、その差を誰かが階層をつけているのでしょうか。

 社会的な「私=自我」だけで社会を見れば、トリコロール(=三色旗=自由・平等・博愛)は理想であって現実には難しいようです。

 インフラが途絶えた場合、私たちに不可欠な物は少数うで、無くてもいい物が多数を占めているかを認識することができるかもしれません。家の中を見渡すとすぐにでもゴミになるような物に囲まれているかもしれません。  電気エネルギーや水という本当に必要なものが当たり前のようにありました。目に見えない電気エネルギーが命を養ってくれていたということを実感できます。平凡な生活が何よりであったと感謝できます。

 我々は一体何をしているのだろう、呼吸して食べて寝て働いて排泄しているだけなのでしょうか。

 所有することだけにエネルギーを使い果たして一生を終えるのが人の役割なのかを考えるチャンスとなるかもしれません。

 海洋資源の奪い合いや他の資源の奪い合いがいまだに続いています。現実に秋刀魚が口に入ることが難しくなっています。ぶんどり合戦をしている場合ではないと誰もが気づいている筈です。地球に人間だけが住んでいるかのように振る舞っていては先が思いやられます。

 月や火星にユートピアがあるのでしょうか。地球を汚すことは自らが泥沼に飛び込む行為かもしれません。  「自分かわいい」のですから他人も「自分かわいい」と思っています。お互いに分かち合うようになり、奪う経済から与える経済への転換が必要なのかも知れません。


「毎日を生きよ。 あなたの人生が始まった時のように。」 ゲーテ

「絶えずあなたを 何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること。それがもっとも素晴らしい偉業である。」 エマーソン


<注:勝手な個人的な見解の部分がありますので、鵜呑みにせずに実証実験によって確証することをお願いいたします。 引用もしくは酷似表現の場合は、タイトル及びアドレスの明記をお願いいたします。

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:学問