So-net無料ブログ作成

無明ー19 [無明]

 困ったときや苦しいときに真言を呟いたりすることがあるでしょうか。どんな音でも宇宙(=真理)の中で発せられている音であり、宇宙開闢以来今その瞬間の1回限りの真理の音です。すべてが一期一会の真言といえます。  虫の鳴き声も、鳥の鳴き声も、雨音も、風の音も、雷鳴も、蜂の羽音も、換気扇の音も、洗濯機の回転音も、エンジン音も、犬の吠え声も、物を落とした音、食事の時の食器の音、地球上の至るところで発生しては消え去るすべての音(=空気を伝わる振動)・・・本質はただの振動であって、一切の貴賎もなく善悪もないただの音(=振動)

「静寂=無」から突然生まれいつの間にか虚空へ消え去り何事もなかったように「静寂=無」へと収まります。


 ただの音(=振動)なのに、人間は自分たちで作ったルール(=概念)の中だけで通じています。同一地域の限定された人たちだけで通じる音を、言葉(=言語)として使っています。動物が聞いてもチンプンカンプン、二本足で動く得体の知れない物体が音を出しているだけかもしれません。赤ちゃんや他の国の言語の人からすれば意味のない音です。  特定の地域の特定の音に意味を持たせ、意味がある音として送受信しています。意志の疎通に役立つので、知識や文化やコミュニケーションの為の欠かすことのできない言葉となっています。

 人間は言葉を解釈する能力によって、気持ちが落ちついたり腹が立ったりします。一言が人間の感情を左右することも事実です。

 真言の音(=言葉)がどのように自身に影響するのか試してみるのもいいかもしれません。  子供には理解できないかもしれませんが、その道の人にとっては意味のある真言があります。

 例えば、般若心経の「ぎゃていぎゃてい・・・」光明真言の「おん あぼきゃ べいろしゃのう・・・」不動明王の「のうまく・さんまんだーばーざらだん・・」阿弥陀如来、法華経・・・と色々あります。本によっては、ただの音ではなく特別なエネルギーを持った振動でありパワーがあるそうです。犬にとってはご主人様の声の振動数が最高の刺激を与えるパワーを秘めているかもしれません。

 真言を忘れても仏様の姿を思い浮かべるだけで救われるそうです。イメージや真言の覚えが悪かったり、また緊急時で焦ってしっまたらどうするのか心配です。恐いものほど印象が強く記憶に残るものです。もし、鬼とか悪魔しか思い出せなかったらどうなるのでしょうか、くれぐれも子供には怖い世界のイメージを見せないほうがよいかもしれません。困ったことに世間では、外見がと心の内が同じとは限りません。イメージで決めつけたり押し付けるのは人間の自然な性かもしれません。


<実証実験>

 何かに引っかかている時に、それから離れたいとか消してしまいたい時に口に出してみたり頭の中で呟いてみます。 先程の仏典・経典・宗派で用いられている真言。

だいだひかるさんの 「どーでもいーいですよー」⇒「どうでもいい」

小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ」⇒「関係ない」「それがどうした」

木枯らし紋次郎の 「あっしには関わりのないことでござんす」⇒「関知しない」 「気にしない」「興味ない」

さんまさんの「意味ないじゃん」⇒「無意味だ」「知らぬが仏」

仏⇒ほとけ⇒ほっとけ⇒「放っとけ」 素のまま⇒「そのまま」等々

巻き込まれていると感じる都度試してみる。


現実の苦悩が馬鹿らしく感じられるかもしれません。 また、思考に巻きこまれている時に今に立ち帰る方法があります。「呼吸」だけに集中して吸いながら「吸ったー」吐きながら「吐いたー」と、だんだんとひと呼吸を長くしていきます。やっていると今に在り、生の感覚そのものになるようです。

 何か投げやりで無責任で無関係でありたい言葉が並んでしまいました。ですが実際に試してみると思考の悪循環サイクルから抜け出せるかもしれません。効果がなければ止めればいいだけのことです。ただの実験ですお気楽にお試しください。

 人は人と関係があってはじめて人であるようなことが言われていますが、日本での殺人事件の半数以上が親族間だということです。

 関係性が濃いと当然に親密になりますが、身近にいることでこじれやすく不満が蓄積していくようです。「可愛さ余って憎さ百倍」

 我々は関係が強ければいいように感じますが、そもそも最初から関係性など「何もない」空っぽです。無明−18でも書きましたが「何でもない人」と「何でもない人」が出会うのですから一切の垣根なく自由自在に無限の関係性が作れる可能性を秘めています。

 あらゆることに自分が関係を持っているとしたら大変なことになります。怖いお兄さんと目があった瞬間に関係ができたらどうでしょう。こちらが何とも思っていなくても、勝手に相手が深い関係性を築いたと思い込み「ストーカー」されたりするかもしれません。近所の人も勝手に悪い関係性を増大し「嫌がらせ」となるかもしれません。学校の先生に身勝手な関係性を主張し「モンスター」のような振る舞いをする親となることもあります。当然のこと「反社会勢力」と関係を持つことは慎まなければなりません。

 死ぬ時は一人で死ななければなりません。個人的な悩みも解決できなければ専門のカウンセラーに任せることも大切なことです。


<まとめ>

・音は振動の組み合わせであって善悪も是非も含んでいません。

・すべての音が一期一会です。必ず消え去ります。無常 ・音が言葉と認識されると意味を持つようです。

・言葉は理解や伝承やコミュニケーションのツールです。

・自分自身に適した真言を実験してみる。

・言葉の意味で困るなら、意味を消し去る言葉で対処してみる。

・思考の悪循環を断ち切るには、強烈に今に在る(呼吸だけに集中する)

・悩みごとも必ず消え去る。過ぎ去ったことを再現しているのは自身の記憶だけのことです。記憶が自分自身を苦しめていることに気づく。


<注:勝手な個人的な見解の部分がありますので、鵜呑みにせずに仏道修行による智慧によって確証することをお願いいたします。 引用もしくは酷似表現の場合は、タイトル及びアドレスの明記をお願いいたします。

nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 52

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。